集客効果の高いWEB広告を作る方法

集客効果の高いWEB広告を作る方法

集客力の高いWEB広告を作るためには、何よりもコンセプトとターゲットをしっかりと決めなくてはいけません。
特に、テーマを決めて限定したターゲットにWEB広告を提供することが何よりも重要です。
そもそも、インターネット上では様々なユーザーが自分が欲しいと考えている情報を手に入れるためにキーワードを検索しています。
WEB広告の中には、検索エンジンと連動しているサービスも存在しますので、それに合わせる形でキーワードを選択しておけばそれを検索しているユーザーに対して直接的に情報を提供できるようになります。
言い換えれば、このようなコンセプトをきちんと決めていないと正しい情報を相手に届けることができません。
このようなコンセプトやターゲット、あるいはテーマは最初の段階で決めておくことで、将来的にも大きな利益をもたらすことに繋がります。
WEB広告は、使い方によって集客力が大きく異なるものなのでその点を理解しておくことです。

WEB広告の依頼の方法について必見!元マーケターが伝授するポイント!

WEB広告を依頼したいけれども、どこからやればいいのか、どこに頼めばすればいいのかわからないと お困りの方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか? ここではそんな方へのポイントをお伝えさせて頂ければと思います。
●どんなWEB広告を出したいのかきちんと設定する。
どんな訴求内容(商品)か、デザインのイメージ、訴求したいユーザー像(ペルソナ)などをきちんと設計しましょう。
自分でもイメージしやすく伝える時もよりスムーズです。
●依頼範囲をきちんと設定する。
・そもそもどこに出稿したらいいのかわからないため、選定からお願いしたい。
デザインだけやってもらいたい。
運用だけしてもらいたい。
など要件によって条件は変わってきますのでどの範囲までかをきちんと考えておきましょう。
●今回の広告についての予算を設定する。
制作会社もこちらありきですのでざっくりで大丈夫ですので希望の予算を設定しましょう。
ある程度低めに提示して足りない場合は制作会社側と相場にあった相談するのもアリです。
●WEB広告会社を選定する。
上記で定めた項目を満たす会社を探しましょう「WEB制作会社」で検索をかけるとたくさん会社は出てくると 思うので気になる会社に先程設定した内容をメール等でまとめた上でできれば相見積もりを取るのがベストです。

著者:赤嶺幹生

筆者プロフィール

奈良県奈良市生まれ。
web広告で集客効果を高めるために、デザインのポイントや知識について発信しています。