シニア層向けのWEB広告ってどんなもの?

シニア層向けのWEB広告ってどんなもの?

いまでは幼いお子様から年配の方まで、インターネットに触れる機会が多くなりました。
そしてウェブページを閲覧していると、必ずと言っていいほど広告も目にするものです。
ここで簡単にシニア向けWEB広告について解説をしていきましょう。
おもに60代から80代を対象にしているWEB広告なのですが、その内容はサプリメント・高齢者住宅が大半をしめているのがポイントです。
いわゆる年相応の購買意欲を掻き立てるものとなっており、昨今ではネット通販でも購入できるアイテムの購入者年齢のもっとも需要がある層ともいわれています。
シニアの場合、難しいネット用語で広告を記載するよりも、日本語でわかりやすく解説をしているものが多いのも特徴です。
動画だけでなくポータルサイト、さらにはブログなどにも掲載をされており、ソーシャルゲームでも高齢者住宅に関するWEB広告がアップされることもあります。
一度目にした場合、内容に着目をしてみましょう。

WEB広告の効果は利用する媒体で大きく異なる

WEB広告には、様々な手段が存在しますのでどういった方法を利用するかで期待できる効果も異なります。
例えば、大手のサイトなどに自分の会社の広告を掲載してもらう時には、長期的な観点から結果を発揮する可能性が高くなります。
長い期間で広告掲載をしてもらうことができれば、それだけ多くの人に見てもらえる可能性が高いためです。
この場合、将来的な集客を期待できます。
一方で、検索エンジンと連動したタイプのサービスを利用すると即効性のある効果を期待できます。
これは、特定のキーワードを打ち込むことによってそのユーザーが求めている情報をすぐに表示することができるからです。
あくまでも、そのユーザーが打ち込んだ関連キーワードと一緒に自分のサイトをWEB広告で表示されることになりますので、即効性の高いWEB広告を期待できます。
そのかわり、単価が高くなってしまったり1クリックあたりのコストに注意しなくてはいけなくなりますのでそのための予算をきちんと考えておかなくてはいけません。

著者:赤嶺幹生

筆者プロフィール

奈良県奈良市生まれ。
web広告で集客効果を高めるために、デザインのポイントや知識について発信しています。